宅建2017年!!独学勉強♪

2016年度あと1点足りず。。今年2017年こそ取ります!!

宅建試験

宅建試験~マンガで学習!建築基準法

今日は建築基準法について☆

宅建試験~マンガで勉強 都市計画法(開発許可制限)

今日は都市計画制限の開発許可制限の続き!(´・ω・`) 今回もマンガで。。

宅建試験~都市計画制限(開発許可制限)

今日は都市計画制限の開発許可制限について(´・ω・`) 今回もマンガで。。

宅建試験~マンガで勉強 都市計画法

都市計画法 ちょっと頭に入りずらかったのでマンガで勉強してみました。。 総合的に整備、開発、保全をする必要のある区域=都市計画区域 将来における一体の都市として整備、開発、保全に「支障が生じるおそれあり」と認められる区域=準都市計画区域(積極…

宅建試験 ~宅建業法~取引士登録簿・登録基準

今日は宅建業法の免許の登録について☆ 問:次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。 1、宅地建物取引士が成年被後見人に該当することになったときは、その日から30日以内にその旨を、登録している都道府県知事に本人が届け出…

宅建試験 ~宅建業法~取引士登録簿2

宅地建物取引士の設置に関する記述のうち、正しいものはどれか。 1、宅地建物取引業者である法人Fの取締役Gは、宅地建物取引士であり本店に置いて専ら宅地建物取引業に関する業務に従事している。この場合FはGを本店の専任の宅地建物取引士の数のうちに算入…

宅建試験 ~権利関係~物権変動

今日は権利関係の物権変動について(*´▽`*) 所有権がAからBに移転している旨の登記がある甲土地の売買契約に関する記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。 1、FはBとの間で売買契約を締結し、所有権移転登記をしたが、その後AはBの強迫…

宅建試験 ~建物の賃貸借~

今日は権利関係の賃貸借について☆ 問:AがB所有の建物を賃借している場合に関する次の記述のうち借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。 ①Aが建物に自ら居住せず、Bの承諾を得て第三者に転貸し居住させている場合、AはBからその建物を買い受けた者…

宅建過去問27年度 抵当権

抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1、賃借地上の建物が抵当権の目的となっているときは、一定の場合を除き、敷地の賃借権にも抵当権の効力が及ぶ。 2、抵当不動産の被担保債権の主債務者は、抵当権消滅…